ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

引っ越し。子どもをどのように説得したか?

f:id:onionchang:20170213133857j:plain

 

中古一戸建てを購入することになったので、いろいろ考えたことを書いていこうと思います。

 

今回は中古一戸建てであることは関係ないのですが、引越しを不安に思う子どもにどんな声かけをしたか?についてです。

引越すことを伝えると、4月から小学1年生の息子が嫌がりました。

 

「今の家がいい。狭くてもいい。

幼稚園のお友達と同じ小学校に行きたい!」

 

一年前までは幼稚園に行くのを嫌がっていて退園するか家族で話し合ったこともあったほどです。息子の言葉に共感しながらも、こんな風に思えるなんて素敵なことだなと思いました。

一人だけ、大好きな男の子のお友達がいてその子と離れたくないとのこと。その子は妹同士も同じ年齢で仲が良くしょっちゅう遊んでいて、私もそのママと気が合うので別れるのは寂しいし、今のお友達と同じ小学校に行けたら心強いと思います。しかし、ずっと同じような友人関係でいることは難しいものです。

そして広い家でのメリットや自分たちにできることを伝えました。

 

  •  工作、絵などの作品をたくさん飾れる。
  • 好きな花を育てられる。
  • 自分の部屋が持てる。
  • 今のお友達とはまた遊べる。(車を使えば遠くない距離です)
  • おじいちゃんおばあちゃんの家と近い。
  • また好きなお友達ができるよ。

 

すると途中から「じゃあ引っ越す!」とコロっと気持ちを切り替え遊び出しました。そのあとは引越ししたくない、とはもう言わず、大好きなお友達に引越すことを自分で伝えていました。

今のお友達とまた遊べる、というのが一番響いたように思いました。

3歳の娘は小さいためピンときていない様子。娘は幼稚園に通う年少さん。年中から2年保育の子もいるし、人と関わることが好きな様子なので最初馴染めなくてもきっとだんだん適応してくれると思います。