ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

図書館で絵本を選ぶ時のマイルールやおすすめの紹介

f:id:onionchang:20170627131518j:plain

 

私が育児の中で頑張ってきたと言えることといえば絵本の読み聞かせ。・・というより、読み聞かせならやってあげられる!と言った方が正解かもしれません。

おままごとや積み木遊びが苦手な私。何して遊んだらいいかわからなかったり、子どもを楽しませることに自信が持てないときはもっぱら絵本に頼ってきました。(おままごとや積み木はじじばば任せです・・)

時間があれば誰でもできるし簡単だけど、つい読まない人も多いのでは。

 

小1の息子はお話が好きなので児童書(絵本より長いやつ)は幼稚園の年長さんから読み聞かせています。そして最近自分で児童書を読むようになりました。とは言ってもすごく好きなものだったり、続きがどうしても気になるようなものなら自分で読むけれど、まだまだ読んで貰いたい時のほうが多いです。長いので「ぬう・・」と思いながら、余裕のあるときに読み聞かせています。 

こんなかんじですが児童書も読み聞かせしたから息子にとっての〝自分で児童書を読む〟ことへのハードルが下がったんじゃないかな?と感じています。(これすごく言いたいことで、長くて時間は取られるけれど、たまにでいいし、何日かに分けてもいいし、親じゃなくてもいいから子どもに児童書を読んであげて欲しい)

4月に小学校に入学して、教室や図書館に大好きな『かいけつゾロリ』が何冊もあったことを喜んで、登校の楽しみの1つとなりました。集中して黙々と児童書を読んでいる姿を見て、絵本が好きな子に育って良かったな、と思えたのでわが家の読み聞かせについて少し振り返ってみようと思います!

 

目次

  

図書館で絵本を借りる時のマイルール

 

私がまずなるべく借りることにしているもの。

 

美術系の絵本を1冊

ゴッホの絵本―うずまき ぐるぐる (小学館あーとぶっく)

世の中の素敵な絵を知って貰いたくて。脳への刺激になりそう!

 

折り紙、あやとり、トランプ遊びなど室内遊びのヒントになる本を1冊

かんたん!たのしい! トランプあそび

なぜ?どうして?シリーズを1冊(ふとした時に息子が「何か新しいこと教えてー」と言うので)

なぜ?どうして? かがくのお話1年生

 

 あとは図書館で借りられる残りの枠で、お話絵本

お話絵本選びはいつも悩みどころですが、大抵この中のどれかの方法で選んでいます。

 

・フリーペーパーや雑誌で見かけたおすすめ絵本

・面白かった絵本の著者の別の作品

・月間こどものともやかがくのとも(年齢別になっているから目安になる)

・アマゾンで、こんなのもあるよと表示される絵本

・本屋さんの絵本のコーナーに陳列してある絵本(全て読んでしまいたくなるので写真を撮っておく)

・たまに昔話(鶴の恩返しとか大きなかぶやらのことですが、子どもはあまり食いつかないことが多いです)

 

これらをネットで予約して、入ったころに借りに行きます。ネット予約はとっても便利!

 

息子(小1)のお気に入り

 

 うちの定番、かいけつゾロリシリーズとわんぱくだんシリーズ

かいけつゾロリの王子さまになるほうほう (かいけつ ゾロリシリーズ60)    わんぱくだんのガリバーランド

 

かいけつゾロリは、ダジャレやおならが出てくる、低学年の男の子の大好物!

わんぱくだんは、お話が良くできていて私も面白い。

 

息子が最近面白いと言った絵本

 

ありこのおつかい (日本傑作絵本シリーズ)

王さまと九人のきょうだい―中国の民話 (大型絵本 (7))

いやいやえん (福音館創作童話シリーズ)

やまぐにほいくえん (福音館創作童話シリーズ)

 

どれも有名どころなのですが、例にもれずうちの息子にとっても面白かったようです。

 

息子が年長さんのとき大受けしたもの

 

まほうのでんしレンジ ワクワクしっぱなし。短い歌は楽譜が付いていて歌えます!

ミライのミイラ アナグラム!文字への興味が膨らみます。

おしいれのぼうけん (絵本・ぼくたちこどもだ) 本当に何度も読みました。

ヨシタケシンスケさん、林明子さんの本もたくさん読みました。

 

娘(年中)が気に入った絵本

 

ぐりとぐら、リサとガスパール、まあちゃんシリーズ

ぐりとぐらとくるりくら (こどものとも傑作集―ぐりとぐらの絵本) リサとガスパールのちいさなともだち まあちゃんのながいかみ

 

娘は絵のテイストを大事にしているみたいで、私にもかわいいと思える絵本ばかり。

ぐりとぐらは息子も好きなのだけど、「この下手っぽい絵がいいんだよね〜」と言っていました。わかってるなぁ。

 

ちなみに息子が年中の時は

そらまめくんシリーズ、おばけのたろぽうシリーズ、100かいだてシリーズが好きでした。

 

そらまめくんのベッド (こどものとも傑作集) おばけかぞくのいちにち さくぴーとたろぽうのおはなし (こどものとも傑作集) 100かいだてのいえ

 

やさしい絵。このころなかやみわさんの絵本をたくさん読んでいました。

 

少し困る事

 

読み聞かせの途中で「これからこの人はこうなってこうなるんじゃない?そしたらあの人はこうなって・・かくかくじかじか」とか「つまりこれはこういうことだよね・・かくかくじかじか」というふうに子どもが喋り出すんだけど、その話が長いので読み終わるまでさらに時間がかかります。けれど、そこで子どもの言いたいことを聞ける限りは聞くべきだと思うのです。私が子どもの立場ならどんなくだらない事も聞いて貰いたいから。こういう、ひと手間のかかることが信頼関係を築いていくと思うのです。

それと、兄と妹は好みの絵本も、理解度も違うので好みが偏ったものは片方が他の事をしている時に読んだり。

これは私が今仕事をしていないのと、ベッタリの子育てが落ち着いてきたから少し出来るようになったことです。仕事を始めたらなかなかできないだろうな〜〜

 

電子書籍も

 

図書館じゃないけど、こちらの本のkindle版を持っていて助かっています。寝る前の目をつぶっていてもお話をしてもらいたい時、風邪が長引いて点滴に通うときは持って行って横で読んでいます。

 

頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める オールカラー

頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める オールカラー

 

 

以前紹介したこちらの本も図書館で借りたのですが、すごく楽しめます。

 

www.nikuromumaki.com

 

現代の子どもたち、漫画は電子書籍を読むようになるのかな。時代ですね!