ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

首に巻くクールタオル選びの結論。これに決定!

この間小学校行事があり、熱中症対策に首に巻くクールタオル(冷却タオル、ネッククーラーとも言います)を購入しました。

今持っているものがベストだと感じているのでその商品について、またこれまでに何度か買い、失敗した経緯があるのでそのことについても話していこうと思います。


目次

まず結論。一番オススメしたいのは、これ!

クールコアタオル  ブルー

クールコアタオル ブルー


このタオル、つるんとした眼鏡拭きのような素材です。

(使い方)

濡らす

振る

ひんやりする

首に巻くと丁度良い冷たさ

しばらくすると自分の体温で少し温かくなる

外して振る

またひんやり!


このひんやり感が丁度いいんです。
首回りが少し濡れてしまうけれど、どうせ汗をかいてるからそんなに目立ちません。
巻き方はマフラーのようにしても、結んでもお好きなように!
こういう商品は青いものが多い中、こちらは色も選べて見た目にもこだわることができます。
しかも洗濯機で洗えるんですよ。
amazonで見かけたとき「これだ!」と思いました。
商品に辿り着くまで色々な失敗をした私からすると本当にありがたい商品です。

こちらの方が短くて子ども向きでした。
病気で熱が出た時におでこに当てておくのにも良いと思います。

今まで買って失敗したもの

中に吸水ポリマーが入っているタイプ

f:id:onionchang:20170723042728j:plain
何度か使ったら中のジェルが出てきてしまい使えなくなりました。なんじゃこれ!

濡れると柔らかいけれど、乾くと硬くなるタイプ

f:id:onionchang:20170723043750j:plain
この下手な絵で伝わるでしょうか。いびつな形のまま固まってしまうのです!
収納が難しすぎます!扱いに困り捨てました。

保冷剤を入れるタイプ

f:id:onionchang:20170723043039j:plain
凍らした保冷剤をタオルのポケットに入れて首に巻くものです。確かに涼しいです。涼しいけれど、体温との差がありすぎるためか気分が悪くなってしまい体に優しくはないと感じました。
保冷剤が溶けてしまうともう効果がありませんし、このタイプは子ども用に売っているのは見たことがありません。

使うシチュエーション

暑い中での作業

今だにエアコンのない職場もあります・・
屋内外でのイベント
清掃
夏の徒歩での移動時、など

停電時の冷房対策

自然災害が多い日本。停電時にエアコンが使えなくなってしまうことが心配です。
首に巻くクールタオル以外に、電気がなくても体を冷やせるものも準備しておきましょう。

熱中対策 服の上から体を冷やすスプレー 無香料

熱中対策 服の上から体を冷やすスプレー 無香料

ロッテ ヒヤロン 1個入×12セット

ロッテ ヒヤロン 1個入×12セット

瞬間冷却スプレー 500ml

瞬間冷却スプレー 500ml


おわりに


最近亜熱帯化していると言われる日本。身近でも熱中症で亡くなる話を聞くようになってしまいました。
暑さ対策の知識と、少しでも自分の体がおかしいと感じたら休む勇気を持ちましょう。
無理はしない!熱中症にならない!という強い意志、そしてよく睡眠をとるなど普段から体調を整えておくことが必要です。