ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

最近の小学生は宿題が多くて、面倒くさがりの息子とバタバタしてる

息子は小学校一年生。

幸運なことに、楽しく通学しています。

しかし、帰ってからの宿題は楽しいものではない様子。

なぜかというと、宿題の量が多いと感じているからです。

  

目次

 

 

宿題の内容

 

現在、毎日必ず出される宿題は

  • プリント1枚(表裏、ひらがなや漢字の書き取りと計算)
  • 計算カード
  • 音読

 

少しずつ違いはあれど、公立小学校はこのような宿題が出ているところが多いみたいです。

そして最近追加されたのが、週末のみの宿題である、日記。

超面倒くさがりやの息子には、これらをこなすのがしんどいみたいです。

私も正直、宿題の量が多くて驚いています・・・

 

親が宿題をみる

 

  • 音読と計算カードは保護者の前で行う。
  • 日記は始めたばかりで書き方がわからずノートの前で固まってしまうのでお手伝い。
  • プリントは答えが合っているかチェック。(先生のチェックもあるけれどやっぱり解いた直後が良いと思うし、何人かママさんに聞いてみたらやはりチェックしていた)
  • うちの息子はとても面倒くさがりでやりたくない気持ちが強いのでプリントの最中も〝励まし〟がいります。ガンバレ、ガンバレ!

 

私の子どもの頃よりも、

  • 親の手伝い

この2点が多い!

 

子どもの反応

 

帰宅してからスムーズに宿題をこなせる子もいれば、分からない問題があって何度も保護者に聞く子ども、お直しが多い子、ものすごく時間のかかる子、うちの息子のようにやりたくない子、泣き出す子・・

 数人のママさんと話していて、色々な子どもの反応がありました。

 放課後児童クラブに行っている子はそこでプリントのみ済ませて、残りの計算カードと音読、週末の日記は家でとりかかるそうです。

毎日これだけの量をこなせば力はつくと思うんだけど、子どももお母さんも宿題でヘトヘトだよ〜〜

 

臨機応変に

 

息子は単調なことが嫌いです。

計算カードと音読は同じことの繰り返しなのでまさに苦行。「先生のいやがらせなんじゃないの?」などと大きな声で反抗します(涙)。

初めは頭ごなしにやらせていたのですが、息子の反応を見て

 「このままじゃ、勉強ギライになるな・・」 

と感じ、最近は先生から頂いた宿題をわが家風にアレンジしようと決めました。

プリントと日記は書いて提出するものなので難しいですが、やった事が目に見えない、計算カードと音読ならできそうです。

 

計算カードはやらず、代わりに算数アプリや市販のワークに変更
 音読は教科書ではなく市販の音読ワークや好きな絵本、児童書に変更

息子は単調なことが嫌いなだけで勉強自体は嫌いではありません。むしろ気に入ればどんどんやります。それならばと飽きさせない工夫をしています。

おかげでそこだけはスムーズになり、ノってきたときは「もっとやる〜」と言います♩もちろんそれでも面倒くさがることはあります。

それと本来の範囲の内容は身につけておけるように注意しています。

色々意見はあるかと思いますが、勉強を嫌いになってはダメだと思っているので、わが家はこれで良いと思っています。

ちなみに、この陰山メソッド徹底反復「音読プリント」 (教育技術MOOK 陰山メソッド)は人気なだけあってすごくおすすめです!古典や漢詩も出てくるけれど、不思議なことに好んで読んでいます。

 

時間を決めさせる

 

帰宅後さっと宿題に取りかかれたらいいのだけれど、まずテレビなどで休憩したい息子。その気持ちは尊重しつつ、「宿題何時にやる?」と聞きます。宿題を先にやらないと遊ばせないという方法もあるけれど、うちはテレビは6時までというルールがあるし、公園に行くなら外が暗くなる前に遊んできて欲しいので、『遊ぶ→夕食→宿題』というパターンが多くて宿題を何時と決めても大体夕食後になるんだけど、自分で決めるというのが大事な気がして。

 

それでもやれない時がある

 

宿題の途中で寝てしまったことがあります。朝早めに起こして、「宿題やってないけど、朝やろうか」と提案。出発の準備もしないといけないので「この時間までに出来なかったら、あとは学校でやってね。ギリギリまで粘ってガンバレ〜!」と声をかけると危機感からか集中してさっと終わらせていました。

もし間に合わなくて、先生からぴしゃりと言われたら次気をつけようと思うかもしれないし、夫が小学校時代、いつも学校に登校してから宿題をして間に合わせていたそうで(!)。成績は良かったそうなので、たまにはそういう事があってもいいかな〜なんて思います。たまにはね。

 

おわりに

 

素直に宿題をこなしてさらに家庭学習をしているお子さんもいて、感心します。

素直にやらないお子さんをお持ちの方には共感していただけるかな?

子どもの宿題は働くお母さんにはさらに重〜くのしかかると思います。その場合真面目に付き合うのは大変すぎるので、ほどほどに!

今こんな感じで進めていますが、変化していくと思うのでその時はまた書きたいです。学年が上がると少しは楽になるのかな。

 

おしまい