ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

歴史は現代からさかのぼって教えた方が良いんじゃない?

f:id:onionchang:20180215113838j:plain

〝いろんなものが普通とは逆さまになっている町〟が出てくる本を子どもと読んで、「こんな逆さまはいいな」と感じたものがあります。

それは〝歴史を現代から過去へ遡りながら学習する〟というもの。

普通は過去から現代へ順に習いますが、好奇心をくすらず・・少なくとも私は面白くありませんでした。

けれど逆なら・・・

例えば、

〝オバマ大統領が就任して、初めて黒人大統領となった〟という事実をまず提示。

「どうして今まで黒人大統領はいなかったの?オバマ大統領はそんなにすごいの?」

「うん、実は黒人は長い間差別されていてね・・」


と、時代を遡り奴隷制度について話せる。


奴隷制度→オバマ大統領就任の順で習うよりも、なるほど感が高いと思います!

(※黒人、という言葉はもしかすると差別用語かもしれません。けれど黒人という言葉を使った方が伝わると思ったので、子どもには差別用語という言葉とセットで伝えようと思います。)

教えやすいのはもちろん、過去→現在の順だと思いますが、興味が持てて頭に残るのは現在から遡って習う事だと思います。

ただそれは、歴史を熟知した人がやってくれるのが理想です・・。私は歴史に疎いです。
けれど、これをニュースに基づいてわりとやってくれているのがこちらの雑誌。

月刊ニュースがわかる 2018年 03 月号

月刊ニュースがわかる 2018年 03 月号

ジュニアエラ 2018年 03 月号 [雑誌]

ジュニアエラ 2018年 03 月号 [雑誌]


どちらも、いつも上手にまとめられているから感心します!大人も楽しいです。

歴史の勉強というより新聞を子ども向けにわかりやすくしたものなのですが、これらは、ひとつのニュースの周辺のことをわかりやすく解説してくれていて、そこから「もっと知りたい」が出てくるような雑誌です!今起こっていることが、昔起こった事と繋がっている事はよくある事なので、時事ニュースと歴史どっちも勉強できたりします。

この雑誌を活用したり、大河ドラマで得た知識を子どもに吹き込んだり、歴史漫画を読んだりしながらゆるっと歴史に触れて行きたいと思います。



まだ読んでいないけれど、検索したら出てきました。




ヒントをもらった本。

小1息子、面白かったそうです。これは私が読み聞かせしました。