ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

周りが意地悪しようという気持ちにならないような自分を作る

f:id:onionchang:20180308115441j:plain

幼稚園の年中組の娘が「Aちゃんがいじわるする・・」「ようちえん、たのしくない〜。だってAちゃんが・・」としばしば言うようになりました。

・Aちゃんから「遊ぼう」と言われて一緒に遊んでいる途中、「大嫌い」と言われた。
・園バスで同じ席。Aちゃんはバスの中でいつも機嫌が悪く、「寄って」とこちらはもう寄れないのに言い続けたりと理不尽なことを言われる。


これくらいのレベルの出来事が毎日あるそうです。よくあることだと思う方もいるかもしれません。が、逃げ場のない場所で 毎日続いたら・・辛いです。

・娘は大人しくてお友達にはっきり物を言えないタイプで、まさに幼い頃の私と同じです・・。(もっとも、私は母に相談することもできませんでしたがね!)

・Aちゃんはお友達と積極的に遊ぼうとするタイプ。何度か話したけれど、いつも相手の気持ちを構わないようなわからん子ではないです。娘とは幼稚園以外でも会う機会があり、Aちゃんママと私は連絡をとれる関係です。


先生やAちゃんの保護者に相談するのは手っ取り早いですが、これからAちゃんと対等な友達関係でいるためには娘が自分で解決できるのが一番良いと思いました。
そこでなるべく娘の目線になって一緒に、解決策「周りが意地悪しようという気持ちにならないような自分を作る」方法について考え、一部実践してみました。

仲良くした方が得(楽しい)と思わせる


幼稚園のお友達と、幼稚園の外で会うだけで、前より仲良くなった感じがするようです。大人もですよね。
そこで、Aちゃんをうちに招待してみました。Aちゃんからしてみると、幼稚園の外で会うことに加えて、うちに遊びに来ておもちゃを貸してもらい、おやつを食べ、二人きりで遊ぶ時間があったということで、うまくいけばすごく親密になった感じがすると思います。親密になると相手を大事にしようという気持ちが芽生えるはず。
実際家に来て、二人きりで遊んでいるときAちゃんが「いつもバスで怒っててごめんね」と言ったそうです!効果てきめん!
Aちゃんに自覚があったこと、謝れること、どちらも驚きです・・!
翌日からの幼稚園、たまーにきつい言葉があるようですが、かなり減り、前より仲良く過ごせているそうです。

嫌なことをされた時は、怒っていることを示す


しかし、まだAちゃんからたまに、きつい言葉を投げかけられます。別のお友達から投げかけられることもこれからあるでしょう。そんなときに、何もできない、では不安です。
されるがままでいると、「いじめられキャラ」が定着してしまうことがあります。それは一番避けたいことです。小学校、中学校といじめられキャラから抜け出せない子もいましたから・・。

まず、不当なことを言われたときや、無理な要求をされたときには自分が怒っていることを示すのが有効だと思います。案外これができない子は少なくないと思います。

具体的に、バスで同じ席のAちゃんから「寄って」と、もう寄れないのに言われ続ける時を例にしましょう。

怖い顔で「もう寄れんよ!」
低い声で「しつこいよ!」
大きな声「もう寄れんって言ったよ!」

これだけで、様子を見ます。すでに声や表情から相手の気持ちを読み取ることのできる4歳の女の子にも効き目が期待できます。娘は「こんなの言えないよー」とは言いますが、説明したりおだてたりして練習してもらいました。

それでもダメな場合・・

怒らせると面倒と思わせる


・「Aちゃんにこんなことされた」と本人に分かるように吹聴して周る。(正義感の強い子を味方にして何か言ってもらうというのもありです。)
・すぐ先生に言う
・大声で泣き人を集める

面倒な人だと思われてしまうので、どうしようもないときに。そうなる前に私が「Aちゃん、バスの中で寄ってっていうんだって?」とさらっと一言言えば済むのかもしれませんね。

暴力を振るわれるようなら先生に相談


Aちゃんではないのですが、叩いてくる子がいると分かった時は先生に相談しました。園生活を覗けないバス通園。どんな感じか分からず不安でしたが、先生が上手く対応してくれました。

おわりに

私は高校生のときに躁鬱病を発症しました。自分が小さな悩みでも誰かに相談できて、さらに親身になって一緒に考えて貰えていたら、躁鬱病になることも、もしかしたら防げたのでは・・と思ってしまいます。

ご覧下さり、ありがとうございました!