ニクロム巻

元躁鬱ママが、子どもが心の病気にならないように子育てをするブログです。

工作が好きな子どものために常に準備しているもの

 

工作が好きな子どもがいる家では、工作に使えそうな物(プリンカップとかトイレットペーパーの芯とか)を集めて置いておく、と聞き、それは良い!と我が家でも実践しています。

うちの小2息子も以前からの工作好きです。ノージーのひらめき工房を見た後に息子も急にひらめいて作り出す、というようなことはしょっちゅうです。子どものわかる場所に工作に使えそうなものを置いておけば、ひとりでに工作をしていてくれます。

 

基本的にいつもあるもの

 ・紙コップ

・紙皿

・曲がるストロー

・割り箸

・輪ゴム

・紐(素材はいろいろ)

・マスキングテープ

・毛糸

・ラップやキッチンペーパーの芯

・牛乳パック

・プリンカップ

・新聞紙

 

言われたら渡すもの

・モール

・洗濯バサミ

・タコ糸

・ダンボール

など

 

文房具

はさみ、のり、ボンド、セロテープ、両面テープ、ホチキスなど

 

小学校に上がって、図工の時間に学んだことを家でも自分の作品に取り入れることが出て来ました。

材料を置いておいて放っておくだけではなくて、何かヒントになるようなものもあるのいいのかなと思い、工作の本をいくつか借りて来ました。

色々読んだ中でもこの本が一番、材料が手に入りやすくて作りやすく、かつ小1が親に少しだけ手伝ってもらって作るくらいのレベルでちょうど良いように感じました。

室内でたっぷり遊べる!  頭と体をつかう「手作りおもちゃ」 (PHPビジュアル実用BOOKS)

室内でたっぷり遊べる! 頭と体をつかう「手作りおもちゃ」 (PHPビジュアル実用BOOKS)

 

 

こちらもオススメで、一人で作れます。薄い本です。

www.fukuinkan.co.jp

 

 

最後に、片付けについて・・

大人は片付いていないと落ち着きませんが、子どもは片付けの必要性が分かりません。

私も子どもの頃なぜ片付けないといけないのかわからなかった記憶があります。

 息子は、作品を捨てたくない気持ちがあり、残して置いているものがたくさんあります。

息子の部屋に置いていて、大人から見るとゴミ箱のような部屋ですが、息子からすると「いいものがたくさんある素敵な部屋」らしいのです。

その感性も素敵だなと思います。

息子よ、工作、そしていつか片付けも、レベルアップしていってね!